川邊祐之亮(かわべゆうのすけ)の京都もん日記


名古屋で友禅

先週末の土曜、「メナード文化講座・美と生活」に招きいただき、
名古屋の日本メナード化粧品さん本社にて約90分間の講座を受け待たせていただきました。
m02.jpg
今回のシリーズテーマは「美と生活」。
シリーズでは占星術の鏡リュウジさんも講師で登壇されるようで、この話も聞いてみたかったりしますね。
さて、僕の受け持つ今回は、友禅を話の中心として日本人に一番似合う色、それが友禅のお色目なんですよ、など色のお話しや、知っているようであまり知られていない友禅の作り方や、友禅が生まれた背景、意外な歴史などの内容となりました。
友禅の話もさることながら、なにより一番盛り上がったのが、僕が中日ドラゴンズのグランドコートのマーキングデザインを担当したエピソードだったのかもしれません。やはりご当地、関西でのタイガース人気と同等の”ネイティブな熱さ”をビシビシ感じます。
折角、友禅のお話しを聞きに来ていただいていますので、時間をすこしだけ延長して友禅の実演も披露。何人かの方にも絵筆を持っていただき、プチ友禅チャレンジ教室も開催してみました。
m01.jpg
とにかく聴講いただいた方に喜んでいただけているなら安心なのですが。。。
今回ご担当くださいましたNHK文化センターのTさん、また主催の日本メナードのHさん、Sさん(写真もご提供いただきました)、ありがとうございました。
それにしても名古屋へ行くたびに思うこと・・・キレイな女性が多い。
m03.jpg

広告


京都市幼稚園PTA協議会講演

DSCF1548.jpg
京都市幼稚園PTA協議会さまにお招きいただき、市内公立幼稚園の園長先生、PTA役員の方々を中心に70名ほどの前で90分間の講演を務めさせていただきました。
キモノの展示などをご依頼いただいていましたので、前夜、衣桁(キモノを掛けるあれです)を分解したり、展示用の振り袖を出したりと完璧に準備完了状態に。
さていよいよ今朝、会社の玄関で準備万端整い出撃を待つ荷物をクルマに積み込もうとイグニションを捻ると、なんと見事にバッテリー上がり。
先週末はぜんぜん大丈夫だったのに!
さあ、どうする〜?。
脇に停めてある弟所有の13年物ユーノスロードスターからブースターケーブルでジャンプするも全然エンジンは掛からず、結局、この弟君のつや消し赤のオープンカーで出かけることに。
途中、竹屋町通りで自転車出勤途中の竹笹堂(京木版画)の原田さんとすれ違い、しかし、遅刻寸前で焦った気持ちと、ひとのクルマで窓の開け方が分からず声も掛けられないまま通過・・・。(すれ違ったのも何かのご縁、DBS革新塾のパンフも会場配布しましたし、講演の中で原田さん事、話させていただきました。原田さん、事後報告ですんません。)
アクシデントもありいの、ですが、なんとかお約束の時間にすこし余裕をもって到着、
準備も整っていざ講演スタートです。
今回の講演は、昨年、地元幼稚園の教養講座で染め物のワークショップを受け持たせていただいたのをそもそものきっかけに、この夏には市内公立幼稚園の先生を対象とする教養講座を受け持たせていただき、今回は、そのから数珠繋ぎのご縁をいただきました。
正直、PTAで何をお話すれば良いのか迷いましたが、友禅を通じ師匠から弟子へ、親から子、日本から世界に技や日本の美的文化を伝えていくことを話の中心に、演題は「京友禅・技を伝えること」としました。
約1時間半の間、友禅の作り方や歴史、それにCG友禅やシンクロの話題を織り交ぜ、世界へアプローチすることなど出来るだけ平易に表現することに心がけお話させていただきましたが、会場では、聴講いただきながら一所懸命メモを取っていただいているお母さんもおられ、演者としてもとても感謝しています。
こんなエピソードも。協議会会長の長屋さんとのご挨拶時に分かったのですが、以前私が近鉄百貨店さんでブース出展していたおり、長屋さんとは一度だけお話をしていたことがあったのです。
まったく偶然なのですが、やはり京都は狭い!というか、不思議なご縁を感じます。
PTAの皆さんありがとうございました。
今日も皆様に様々な出会いをいただいた講演を無事終えることが出来、
ほっと一安心。
会社に戻ると、NHK文化センターさんの大型封筒が机の上に・・・。
来年1月19日、NHK名古屋文化センターさんで行われる、メナード文化講座「美と生活」のパンフレット類と校正刷りが封入されておりました。
http://www.nhk-cul.co.jp/static/4000/more_1185.html
次回は名古屋へ遠征します!
会場は日本メナード化粧品様本社。名古屋近郊の方は是非是非おこしください!


友禅の教室

昨日は前日の日記通り、鳥取県教育センターさんにおいて、鳥取や島根の公立中高の美術の先生を対象に、僕の講義と父の講義と手描友禅染の教室を行いました。教育センターさんの建物は学校そのもの。僕が通ってた中学校や高校を思い出す懐かしい風景。
午前の講義は数多くある研修教室のひとつで行います。資料用のスライドもご用意いただいたプラズマディスプレーのおかげでキレイに表現でき大満足。いつもはプロジェクター&スクリーンですが、高価なプラズマは初めての経験。そしてもう一つの経験、それは生声で教室の後ろまで聞こえる声を出すこと。子供の頃から当たり前に聞いてきた先生の声ですが、これってかなり大声張り上げてくれていたんですね。いつもはマイクに頼りっぱなしですが、大声出すのもキモチがハイになって良いかもしれません。
僕に続いて、父からは友禅についての講義。現物の作品を使って友禅の制作にまつわるお話をさせていただきました。実物の友禅作品を実際に触れていただき、感じていただけたことと思います。

<大撮影大会の図>
そして午後からはこの日のメインイベントである手描友禅染袱紗を染める研修。この研修では、京都観光などで行われる偽物染体験ではなく、子供達にホンモノを伝えてもらうため、先生方には僕の父が工房で開いている友禅塾とほとんど同じ本格的な手描友禅染めを習っていただきました。

<色鉛筆を使って配色のシミュレーションを行います>
30分かけて各々色の設計が出来たところで、テーブル毎に直接父が染め方のデモンストレーションを行います。

<先生方に注目され父もすこし緊張気味で筆をはしらせます>
そして一通り筆使い等を見習ってもらったところでいよいよ染料を使った染め付けがスタート。
さすがは美術の先生方、筆の使い方はさすが!色の設計も美的センスもばっちりです。しかも、妥協無く作品作りに打ち込まれる姿勢には、京都から来た我々もただただ頭がさがります。それから2時間ばかりじっくりと時間をかけ腐心の傑作が完成!それぞれ個性豊かな作品が出来上がりました。
一旦回収した作品は染色の後加工を行い、縫製をほどこし2週間後くらいにはお手元にお届けとなります。この作品を使って、「これ先生が染めたホンモノの手描友禅だぞ!」と生徒達に自慢してください。
そんなこんなで朝からの友禅スペシャルデーも無事終了。鳥取県教育センターの皆様、研修に参加くださった先生方、また、今回ご担当下さいました廣坂さん、この研修を企画下さいました佐藤さん(秋の作品展頑張ってください!)、ありがとうございました。
京都に戻ってから、僕はその足で別件ミーティングに参加。我ながらタフな1日でした。


イル・ギオットーネの笹島さんにお会いして

「最も予約が取りにくいレストラン」として有名なイル・ギオットーネの笹島さんにお会いすることが出来ました。実は、先週私が僭越ながら講師を務めさせていただきました京都市中小企業支援センター様主催 ”育てよう「京ものの種」”連続5回講演会の第5回目の講師がこの笹島さんだったのです。ご講演の内容はとっても濃いもので、私自身が今直面している問題や悩みを次々に解きほぐしてくれるヒントがふんだんに含まれ、私にとってはまさに金言集そのもの。クリエーターとして、そして経営者として笹島さんご自身が乗り越えて来られた体験談や考え方を数々うかがううちに、今の私と同じような問題を抱えておられた時期があり、しかし、すでにそれを打開し前に進まれている姿に、共感するとともに笹島さん自信がマスコミ等で拝見する”異次元の存在”ではなく、少し前をいく(というか、かなり彼方前方ですが・・・)”生身の先輩”のように感じてしまいました。(実年齢も笹島さんは私の1コ上)あつかましくてすみません。その後の交流会でも、かなり長い時間笹島さんを捕まえて、ぶっちゃけぶしつけな質問を浴びせ倒しましたが、イヤな顔ひとつされず機関銃のようにお話くださり、めちゃめちゃうれしかったです。散会後、帰り際に笹島さんと2人で四条通りを歩きながら、私に話してくださった言葉は真に実感です。私の場合、様々な講演会やヒヤリングで自分の体験を通して蓄積してきたノウハウをいとも簡単に喋ってしまうのは間違いなのでは・・・って思うことがありましたが、世で得た知識や恩義は世に還元するのが道理だって、ここで笹島さんい改めて体現され、自戒の念にさいなまれてしまいました。先達から受けた恩義は、そのまま先達に返すのではなく、後進に受けついて行くこと。自分がその恩を消費してしまっては連鎖も途中で消えてなくなります。自分の手のひらに載せてもらった恩を後進に譲ってしまえば、手のひらがカラになるって不安になるのが普通です。でも、そこを辛抱して手のひらを一度カラにしてみる・・・すると不思議なことに、これまでの手のひらの大きさでは少し手に余るくらい大きい恩が先陣から回ってきます。この恩をこぼすことは絶対に出来ませんから、頑張って努力すると、いつの間にやら手のひらがこぼさず済むよう相応に大きくなっているのです。でも、それもまた後進に受け継いでいく・・・の繰り返しなのかもしれませんね。
改めて、笹島さん、そして支援センターの皆様、ありがとうございました。


日本の文化を輸出する方法

海外の人に日本を分かってもらおうとするなら、「そのままの日本」では伝わらない。これは、先月フランス・パリのインテリア系見本市「メゾン・エ・オブジェ展」に製品を出してみて感じた私の感想です。ドイツ・フランクフルトの「アンビエンテ展」に出たときも同じ印象。日本で評価が高いデザインでもヨーロッパ人に分かる文脈に意訳しないと、こちらの意図はまったくといっていいほど彼らには伝わりません。
例えば花の紋様をめぐって私の実体験をすこし紹介します。日本の紋のように贅肉をそぎ落とし究極に図案化された花紋様は、「人工的なデザインの美しさ」としてヨーロッパ人も受け入れやすいようです。が、紋ほど図案化されていない例えば琳派風の花紋様に対しては、デザインというよりも、そこに描かれた「具体的な花」を彼らは感じてしまい、私たちの友禅デザインを受容する事ができなかったのです。「僕たちはウメやサクラの絵を見てもちっとも季節も感じないし、心も動かされない」と。さらに「僕たちが季節を感じたり、家族を思い出すのはチューリップやパンジーだ」とも教えてくれました。絵が自然を表していることまでは気がついてくれたのはさすがヨーロッパ人。でも半分しか伝わってない。日本の野山に咲く花々をモティーフに作った絵(デザインや色)は、彼らの心に届きませんでした。
友禅のデザインに今も使われている琳派の画家達は絵を通して何を伝えたかったのか・・・。もしも琳派の画家達が当時ヨーロッパの地でヨーロッパ人顧客に対し絵を描いたら何をモティーフにしてどんな風に描いたのか。。。
今夜の情熱大陸はパリで鉄板焼日本料理店を開かれている相田康次さんのエピソード。
http://www.mbs.jp/jounetsu/2007/02_25.shtml
私がパリの見本市から戻りずっと考えていたことを「料理」ですでに実現している相田康次さん。私よりも5つも年下なのにスゴイ! 私なんかまだ京都でごちゃごちゃやってるんですからホントに尊敬します。
帰国後、対欧州戦法を私なりに仮定していたのですが相田さんの考え方や具体的なアプローチ方などをテレビで拝見し、やっぱりそうなんだ、と一人でほくそ笑む祐之亮でした。
次回パリに出張する事があれば相田さんのお店には必ず行ってみようと思います。できればカウンターでお話ししてみたいですね。


講演、終わりました。

皆様のおかげをもちまして、無事、講演会を終えることができました。目利き委員会の委員皆様、京都市の皆様、KYOTO共生の皆様、また小生のつたないお話を聴講いただいた皆様、本当にありがとうございました。
これまで大学の講義などでは、より親近感を感じていただくため、ぶっちゃけ雰囲気のアドリブ型でお話させていただいています。が、今回は京セラ創業者の稲盛名誉会長とご一緒させていただく公の講演会ということもあり、あらかじめ原稿を用意し初めてフォーマルな形式にチャレンジしてみました。
講演会場は京都ホテル・オオクラ「暁雲の間」。2階分ぶち抜きの天井付近にはPAの副調整室まであって、講演会やらディナーショーやらに使われる1000人以上収容できる大広間です。私が会場入りした時間帯は、まだセッティングの最中でしたが、すでに1200脚の椅子がキレイに並べられており、その非日常的な風景の中に身を置くと否が応でも緊張感が高まってきます。
IMG_9398.jpg
会場内のカメラテスト等を済ませ、親族様用控え室みたいな部屋(というかそれでした)でしばらく待機。持ち時間内で原稿を読み合わせし気を紛らわせること30分。ついに出番がやってきました。係の方に誘導いただき会場に戻ったときは既に満席状態で、それを見てしまうとさすがに緊張が最高点へと達してきました!ご案内いただいた席に座ると、お隣はサムコの辻社長さまがおられ、目利き委員会の最終審議会あとのAランク認定時に委員席から「がんばれよ!」の一言をいただいた御礼とご挨拶させていただき、すこし緊張がほどけました。(あのときいただいた一言は一生忘れないでしょう。)
さて、女性司会者に紹介され壇上へ・・・案外落ち着いてお話できたのか、意外と冷静に30分を壇上で過ごすことができました。が、原稿を用意した分、すこし固くなり過ぎたかもしれません。どいうしても目線を下げて原稿を読んでしまいます。いやはや、まだまだ修行がたりませんね。(ってなんの修行やら・・・)
DSCF1573.JPG
写真は講演の様子を主催者に撮っていただいたものと、今回のメイン講演者である稲盛さんにご挨拶させていただいているところです。講演よりも緊張した瞬間です。
DSCF1619.JPG