川邊祐之亮(かわべゆうのすけ)の京都もん日記


コメントする

四国大学セブンイーグレッツ(女子ラグビー部)のユニフォームが正式発表されます。

2018年4月24日、四国大学女子7人制ラグビー部 【Seven Egrets(セブン・イーグレッツ)】始動の記者会見が四国大学にて行われます。ユニフォームジャージの発表のパートでは、デザインを担当した川邊からデザインの狙いなどの説明を行わせていただく予定でしたが、私は日程があわずこの記者発表には出席叶いません。地元の新聞、テレビ等メディア関係の方はどうぞご取材御願いいたします。(翌日4月25日には別件で同学には行くことになっているのですが誠に残念です。)

この他にも長期密着でTV局の取材も入っているとの事、今後、徳島〜四国地方を中心に新聞やテレビ等で紹介いただけるかと思いますので、四国にお住まいの方はニュースなどでご覧いただけましたら幸いです。

四国大学PRESSリリース

https://www.shikoku-u.ac.jp/docs/rugby_press%28200424%292.pdf

四国大学女子 7 人制ラグビー部 【Seven Egrets(セブン・イーグレッツ)】始動 記者会見の開催について(ご案内)


 

スクリーンショット 2018-04-23 10.28.33.pngスクリーンショット 2018-04-23 10.29.06.png

広告


コメントする

四国大学 女子ラグビー部 Seven Eaglets

四国大学 女子ラグビー部 Seven Eagletsのユニフォームのデザインを担当させていただきました。

徳島の阿波藍をイメージした藍色をグラウンド色に、大学の阿波踊連の衣装から桜紋を引用し、四国大学として学生活動の一連性を付与、またスピード感や力強さをアピールするよう左胸と肩に大きな桜のアクセントを設け、さらに舞い散る花びらでしなやかさを表現しています。
またバックグラウンドには着物の八掛をイメージし、衣装の帯から色を抽出したチェック柄を、ラグビーの発祥国英国をリスペクトし描きました。

猛々しさだけではなく、女子チームだからこそ選手自身がカワイイと感じられるユニフォームである事、地元の伝統文化や誇りを身につけられる事、そして強くて美しい女性に見える事を目指してデザインしています。

徳島の地が女子ラグビーの聖地となり、この四国大学Seven Eagletsのジャージが、女子ラグビーの頂点を目指す者の憧れのアイコンとなるよう今後のチームのご活躍を祈念しています。

※写真はファーストジャージです。セカンドジャージはピンク地です。

Photo:Yunosuke Kawabe


イーグレッツVSレオネッサ

2015年5月24日(日)

IMG_2625
前日までの天気予報で雨を覚悟していましたが、当日は朝から青空のいい天気となりました。
かねてからエンブレムやユニフォームのデザインを担当させていただいていた四国大学女子サッカーチームと、なでしこリーグTOPチームのINAC神戸レオネッサのエキシビジョンマッチにお招きいただきました。この試合は、四国大学さんが女子サッカー部の創部に合わせて建設されたサッカー場のお披露目会でもあります。私にとっては、自分がデザインしたユニフォームの実戦での検証となりました。

IMG_2617

会場にはこれまた私がデザインさせていただいた「クラブ旗」が掲げられていました。我ながらなかなかいい出来栄えです。お席も分不相応な上座をご用意いただき恐縮です!

IMG_3052

試合開始を待つイーグレッツの選手とレオネッサの選手。

今日のイーグレッツは白基調の2ndユニフォームで試合に挑みます。INAC神戸レオネッサは、同日夜に「なでしこJAPAN」の親善試合があり、JAPAN組の澤選手や川澄選手は来られませんでしたが、JAPANの経験のある選手数人はこの試合に来てくれています。

IMG_3067

2ndユニフォームのメーカーキャラクターラインと選手番号のカラーは悩んだ末に「ピンク」にしました。
白地にピンクが映えてとても女性チームらしいウエアとなりました。
脇のネイビー部分は1stユニフォームのグランド柄を引用し共通性を持たせています。
部員たちにはこの2ndの方が人気あるそうです。
(たぶん風景の色目が濃くなる秋口には紺色の1stも気になりはじめるとは思いますが・・・)

IMG_3062

松重学長先生のキックインセレモニーで試合が始まります。
イーグレッツの選手も円陣を組み心を一つにします。

IMG_3074

IMG_3125

プロ選手を相手に競り合うシーンもしばしば。頑張れイーグレッツ!

IMG_3098

IMG_3118a

プロのスライディングは強烈です。が、ちゃんとボールに行ってます。さすがニッポンサッカー!
試合中、ファールは一切無い!(オフサイドを除く)とてもきれいな試合でした。

サッカーにかぎらず、すべてのスポーツで言えることですが、競技の際、体のバランスをとるために腕を広げるシーンがよくあります。この2ndユニフォームでも脇は重要なポイントとしています。1stユニフォームの地柄の一部を脇の切り替えで使いデザイン上のアクセントとしていて、身体をほっそり見せる(女子にはこの点も重要なのです)もビジュアル効果としても有効なのです。また競技中、身体がどの方向を向いているかも選手どうしで把握しやすいという視覚情報上のメリットもあるのです。

IMG_3123

このユニフォームをデザインする上で、腐心したもうひとつの点の一つとして背番号の大きさを決める事が上げられるでしょう。イーグレッツも加盟する日本サッカー協会(JFA)では、競技用ユニフォームのデザインに関しても、厳密なルールを定めています。例えば背中の「四国大学」のロゴも、校名表示ではなく広告として扱われそのサイズも最大値が定められてえいます。他のマーキングも場所と大きさが決められているのです。さて背番号。この大きさも男子選手からジュニアまでの体格差を考慮して、高さ方向の数値に幅がもうけいてあり、基本的にそのサイズ内であればどのサイズでもOKとの事。イーグレッツの場合、150センチ前半の選手から160センチ後半の選手もおり、大きい選手に合わせると小さい選手では番号の下部がパンツで切れてしまうおそれがあります。(基本的にシャツはインの着方)。また選手の好みとして、ゲームシャツのサイズも男性が着られるくらい割りと大きいサイズを選んでいるので、シャツの大きさとのバランス感では苦労しました。それ故に何度も着用サンプルをつくり試着を繰り返し、見た目に丁度いいサイズを割り出すのにもかなりの時間を費やしたのでした。

IMG_3221

なでしこリーグを何度も制覇したプロチームを相手に3−0で破れはしましたが、今年春に創部されたばかりで、部員のほとんどが1年生である新設部としては大健闘だったと思います。今後、彼女たちからプロ入り、あるいはなでしこJAPAN入りする選手も出てくるでしょう。自分の娘と同年代の彼女らの成長が親目線としてもとても楽しみです。

読売新聞 関連記事(Googleキャッシュ)

NHK 関連記事(googleキャッシュ)