川邊祐之亮(かわべゆうのすけ)の京都もん日記

上賀茂神社の笠懸神事

コメントする

kasagake05.jpg
2010年10月17日(日)
朝からとてもいい天気。
久しぶりに仕事・行事とも無く完全フリーとなった。
陽気に誘われ散歩がてら自転車に乗り
上賀茂神社で行われる「笠懸(かさがけ)神事」を見学しに行く事にした。
そう、上賀茂神社といえばちょうど一年前の10月、権禰宜の松村さんと
京大でのパネルディッスカッションでご一緒させていただいたご縁もある。
kasagake01.jpg
<雅な装束は必見である。かっこいい!>


kasagake04.jpg
<幅2メートルほどの狭いラチの中を駆け抜ける騎馬>
IMG_5320.jpg
<目の前でドドッ!と蹄が地を蹴り、ビシッ!と放たれる弓の音>
「笠懸」とは、全力で疾走する馬上から弓で的を射る行事のことで、
見た目はほとんど「流鏑馬(やぶさめ)」と同じだが、
その起源や執り行う意味合いが少し違うようだ。
「笠懸」は文字が表している通り笠を標的に見立て竿に懸け
弓矢の腕比べを行った事が事の起こりのようである。
「流鏑馬」では射手は笠をかぶっているが
「笠懸」では笠を的に用いている為、
烏帽子のままという見た目の判別点があるのだとか。なるほど。
IMG_5167.jpg
kasagake02.jpg
<こちらは板の的を見事に射抜く瞬間。観客からの歓声が上がる。>
今に伝わる「笠懸」はその語源になった笠ではなく約50センチ四方の板、
あるいは直径25センチ程度の素焼きの円盤を標的として使用する。
これら標的は鏑矢があたった瞬間に見事に砕け散る。
それにしても激しく上下動し走る馬上から
よくもあれほど小さい的に命中させられるものである。
IMG_5385.jpg
<女性騎手もしなやかに馬を乗りこなす。>
今回「笠懸」を奉納されたのは、大日本弓馬会 武田流弓馬道の方々。
陣幕にも武田菱が染められていた。
武田騎馬隊の流れを汲んでいるのだろうか。
実はここ最近、日本の武道に心惹かれてしかたがない。
40の手習いで何か始めて見ようとも真剣に考えてもいる。
秋晴れの10月17日、
この「笠懸」を見学しその想いが増々強くなったことは言うまでもない。
IMG_5434.jpg
<もう一種の的(割れると花吹雪が散る)と役員の方。様になるなぁ>
広告

作成者: 川邊祐之亮

家業として受け継いだ友禅屋と、自らのモティベーションが源となるグラフィックデザイン製作を生業としている。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中