コンテンポラリー・クラシックス・パフォーマンス

今夜、アバンギルドでChori/童司のパフォーマンスを観た。
いつも興味深いのが茂山童司くんの所作だ。
数百年続く茂山狂言の基本的な身体動作をもって、
コンテンポラリーな作品を表現する。
全ての動きを司るのが吊り腰の姿勢。
この吊り腰が芯なんだと思う。
はたして僕の芯はなんだろう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中