父と京マチ子さんの振袖

京都と所縁の深い女優の京マチ子さんが逝去されました。謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

ニュースを聞いて思い出した私の父と京マチ子さんのエピソード。と言っても、当時修行中の友禅職人であった父が、ときの大女優さんと面識があるはずもなく、、、

第12回ベネチア国際映画祭にて黒澤明監督作品「羅生門」が金獅子賞を獲った際、ヒロインを演じた京マチ子さんが受賞会場で着用する着物を、父の師匠の工房である「高橋啓」が染める事になり、その製作スタッフの職人の1人として修行時代の父が加わった、という映画の撮影所が沢山あった京都ならではのエピソード。

子どもの頃、父の武勇伝(現陛下がお生まれになった時に初めてお使いになられるお布団地を友禅で染めた話は後日書きます)はさんざん聞かされたけど、昨日京マチ子さんの訃報で思い出したこのエピソード。当時父たちは一体どんな着物を染めたんだろう?という興味もあり、すこし調べてみることにしました。

国際映画祭で日本を代表する大女優がお召しになる着物は、晴れ着中の晴れ着である事は間違いありません。

おそらくそれは晴れ着ゆえに総柄の大作。しかも受賞内定を受けから受賞式までの短期間で染め上げなければならない急品だったと予想。工房全員で一斉に手分けしての挿し友禅だったんだろうけど・・・それってどんな着物だったんだろうか?

往々にこの手の疑問は本人がこの世に居なくなってから思うもの。父は2014年に他界しています。

知りたい!

しかしナイトスクープの探偵さんに手紙を書くのも大層だし、とりあえず手元のスマホでGoogle画像検索してみました。そしてかろうじて見つけたのがこの写真。

低解像度のモノクロ写真だから色は勿論、柄だってほぼわからないのですが想像力で脳内画像分析してみましょう。

手前のエスコート役の紳士のジャケットは、フラッシュで飛んでしまっていますがおそらく白のタキシード。だとすると着物(振袖ですね)の袖も同じような明度なので、おそらく白地でしょうか。

襟から胸への取り方には一寸から二寸くらいの菊が描かれているように見えます。

帯は金でしょうか。帯揚げはボリュームありますし、鹿の子絞りの丸い菊の柄かもしれません。

そして帯の下の部分に目を移してみましょう。上前見頃から左後見頃にかけてかなり大振りなモチーフが描かれています。

その柄の大きさから初見では鳳凰の羽か?と思いましたが、よく観察してみると葉脈がありますので、柄は牡丹?花のように見える部分もあります。このような生命力のある独創性溢れる図案は、現代の保守的な古典系振袖では見ることができません。当時の時代感めっちゃありますね。こんなの大好きです。

さて、ここまでの観察でこれはかなり大胆な図案の振袖なのではないか?との仮説を立てた訳ですが、次にどんな色が挿されていたのか?をモノクロ写真から想像力MAXで分析していく事にしましょう。

配色のセンスは父からきっちり受け継いだと自負もある私が想像するに、上半身の菊?モチーフは黒っぽく写真に写っている事から、赤や臙脂の色が挿されてると推測。
上前見頃の牡丹?の花は濃度が薄いようですからピンク系でしょうか。そして大きな葉の挿し色はおそらくグリーン系。ここでのポイントは、地色が白であること。差し色が濁ってしまうと画面全体が野暮ったく気品がなくなってしまいます。彩度は落とさず濃度を上げる・・・はっきり言って難易度の高い友禅です。いたずらにサビを打たず彩度の高い色を何度も何度も挿し重ねた結果得ることができるコクのあるグリーンの濃淡ではないかと仮定してみます。(愚直にあくまでもきれいな色の挿し重ねで濃度を上げる方法がとられているはず。場合によっては色を定着させるため彩色の途中で一度友禅蒸しをかけているかもしれません。手間は掛かるが艶のある深い色が出せます。これは手描き友禅だからこそ可能な色彩表現でもあります。)

 

ここまで推察したところで
振袖全体を俯瞰して見直して見ると面白いことに気がつきました。

以下に要素をまとめてみると・・・

・ベースは白地っぽい。

・上半身の柄は菊で、胸〜襟〜袖を赤系の濃淡か?

・腰から下の上前見頃〜右後身頃の牡丹?の大きな葉っぱはグリーン系の濃淡と予想。

おおおお!この配色は!
イタリアの国旗たるイタリアントリコロールを微妙に意識したのではないのか!?
(見る人が見れば気がつく微妙な範囲で招かれた会の要素をうっすら入れるという粋さが素晴らしいと感じます。)

また第12回ベネチア国際映画祭の授賞式は9月10日。
この季節は重陽の節句(9月9日)=菊であることから、菊づくしの振袖だったのか、あるいは菊だけだとどうしても躍動感が足りないので上前に東洋的な花のモチーフとして牡丹を配したのか?

製作に関わった父も、京マチ子さんもすでに鬼籍に入り真実はもうわかりませんが、この写真の分析で先人が何を考えどんな工夫をしものづくりに取り組んで来たのかをリアルに感じることができた気がします。

日本を代表する黒澤明作品の金獅子賞授賞式の為のみのに染められたこのトリコロール?振袖も今どこかに保管されているのかなと思うと、一度でいいから実物を見て若かりし頃の父の筆致を感じ、そして、私のこの大胆な分析が正しかったのかを検証してみたい気もします。

広告

四国大学スポーツ健康館

先週末に落成されたばかりの四国大学スポーツ健康館にお邪魔してきました。

川邊がデザインを担当し、日本最古の学生服専門店である京都の村田堂さんにお作り頂いた強化指定スポーツ部の制服と、

これまた川邊がデザインを担当し世界のMIZUNOさんでお作り頂いた女子ラグビー部の試合用ジャージが展示されていました!

さらに写真パネルも川邊撮影の写真を使って頂きなんだか川邊の作品展みたいに^ – ^

因みにこのには展示されてませんが女子サッカー部と陸上競技部のユニも川邊のワークです。

本当にありがとうございます!

JAPAN LIBRARY書籍のカバーデザイン

IMG_0830.jpeg
カバーデザインを担当させていただきました。

同志社大学大学院ビジネス研究科 村山裕三先生の「京都型ビジネス 独創と継続の経営術 (NHKブックス)」が英訳され、この度、内閣府プロジェクトJAPAN LIBRARYとして全世界へ向け出版されました。各国の大学図書館、大使館、公共図書館などに寄贈されます。(もちろん一般の方も書店取寄せやAmazonなどで購入可能です。)

「京都型ビジネス」は2008年にNHKブックスより出版された和書で、川邊の活動も詳しく書いていただいていますが、この度、加筆・英訳されて改めて出版文化産業振興財団より上梓さました。

この本で川邊はカバーデザインの他、口絵の写真撮影なども担当しています。


日本の良書の英語版シリーズ

日本では、言論・出版の自由のもと、年間8万点を超える新刊が発行され、多彩な書物が国民に供されています。こうした多種多様な書物の中には、日本のみならず、広く世界で読んでいただきたい作品もたくさんあります。しかし、日本語で生まれた書物は、海外で読まれる機会がとても少ないのが現状です。

「JAPAN LIBRARY」は、日本の良書を英訳出版することで、『日本の魅力を世界に発信する』『多様で重層的な日本の姿や思想を提示する』、そして『”日本の知”が”世界の知”の創造に貢献する』ことを目指しています。本シリーズでは、日本という土壌に根付く独自の思想、芸術、また技術を伝えるものから、社会学・歴史学におけるアカデミックなものまで、これまであまり翻訳されてこなかった分野の書籍を積極的に選書していきます。そして、それらを広範な地域で、多くの皆様に読んでいただけるよう、伝統的な書物のスタイルのみならず、電子出版等でも発信しています。多彩でありながら”リアル”な日本の姿をお楽しみください。

日本には、永い歴史の中で育まれた「時代を超え、国境を越えて通じる普遍的な日本の叡智」というかけがえのない宝物があります。「JAPAN LIBRARY」は、その「宝物」を「書物」という舟に乗せ、大海原へと漕ぎ出します。舟に乗せられた「宝物」は、それを受け取った方々の知性や感性でさらに磨かれ、新たな輝きを得て、未来を照らす光となるでしょう。私たちは、優れた書物にはそんな”無限の力と可能性”があると信じて、「JAPAN LIBRARY」に取り組んでまいります。ご期待ください。

出版文化産業振興財団WEBサイトより


リンク:Amazon
Heritage Culture and Business, Kyoto Style: Craftsmanship in the Creative Economy (JAPAN LIBRARY)

京都大学産官学連携本部様ファイルケースのデザイン

 

京都大学 産官学連携本部様のファイルケースをフルオリジナルのCG友禅にてデザインさせていただきました。
白い花は、何ものにも染まることがない京都大学の自由の学風を象徴しています。また四季の花を画面に配置し、総合大学として様々な分野の研究がなされている事を表してみました。
中面のファイルの差し込みポケットは、流水の形に型抜きしファイルを取り出せば可愛いらしい金魚が現れるという粋な工夫を凝らしています。

クリエイターとしての悦び

川邊がデザインさせて頂いた

四国大学(徳島県)さんの体育会エンブレム。

物性を村田堂様にお助け頂き完成しました。

月曜にはこのエンブレムを胸に抱いた

学生諸君に対し県知事からオリンピック及び国体強化選手認定の交付式が挙行されます。

プロジェクトに関わった

川邊にとっても名誉ある事ですね。

このプロジェクトにご縁を頂いた皆様に感謝申し上げます。

四国大学セブンイーグレッツ(女子ラグビー部)のユニフォームが正式発表されます。

2018年4月24日、四国大学女子7人制ラグビー部 【Seven Egrets(セブン・イーグレッツ)】始動の記者会見が四国大学にて行われます。ユニフォームジャージの発表のパートでは、デザインを担当した川邊からデザインの狙いなどの説明を行わせていただく予定でしたが、私は日程があわずこの記者発表には出席叶いません。地元の新聞、テレビ等メディア関係の方はどうぞご取材御願いいたします。(翌日4月25日には別件で同学には行くことになっているのですが誠に残念です。)

この他にも長期密着でTV局の取材も入っているとの事、今後、徳島〜四国地方を中心に新聞やテレビ等で紹介いただけるかと思いますので、四国にお住まいの方はニュースなどでご覧いただけましたら幸いです。

四国大学PRESSリリース

https://www.shikoku-u.ac.jp/docs/rugby_press%28200424%292.pdf

四国大学女子 7 人制ラグビー部 【Seven Egrets(セブン・イーグレッツ)】始動 記者会見の開催について(ご案内)


 

スクリーンショット 2018-04-23 10.28.33.pngスクリーンショット 2018-04-23 10.29.06.png

四国大学 女子ラグビー部 Seven Eaglets

四国大学 女子ラグビー部 Seven Eagletsのユニフォームのデザインを担当させていただきました。

徳島の阿波藍をイメージした藍色をグラウンド色に、大学の阿波踊連の衣装から桜紋を引用し、四国大学として学生活動の一連性を付与、またスピード感や力強さをアピールするよう左胸と肩に大きな桜のアクセントを設け、さらに舞い散る花びらでしなやかさを表現しています。
またバックグラウンドには着物の八掛をイメージし、衣装の帯から色を抽出したチェック柄を、ラグビーの発祥国英国をリスペクトし描きました。

猛々しさだけではなく、女子チームだからこそ選手自身がカワイイと感じられるユニフォームである事、地元の伝統文化や誇りを身につけられる事、そして強くて美しい女性に見える事を目指してデザインしています。

徳島の地が女子ラグビーの聖地となり、この四国大学Seven Eagletsのジャージが、女子ラグビーの頂点を目指す者の憧れのアイコンとなるよう今後のチームのご活躍を祈念しています。

※写真はファーストジャージです。セカンドジャージはピンク地です。

Photo:Yunosuke Kawabe